個人再生と弁護士.com

  •  
  •  
  •  

個人再生と弁護士.com

個人再生と弁護士.com

個人では返し切れないであろう大きな借金を抱えてしまった方への、法律で適応されている金融救済策のひとつが個人再生です。自己破産と違い保有している資産を全て処分せずとも利用できる制度であり、個人再生を有効的に活用すればおよそ3年で抱えている借金を完済できる割合が非常に高いことで知られています。
個人再生に関する相談を受け付けている法律事務所や法テラスは数多く存在していますが、個人再生問題に特に強いと言える弁護士というのは日本全国に多数存在しているとも言えることから、個人再生に関する相談は弁護士に行うべきであるとされています。
弁護士を利用する場合費用面がどうしても心配になってしまうという方もいらっしゃるでしょうが、相談を有料でなく無料で行っているといった弁護士事務所は探してみると多いですし、個人再生による借金完済が叶うまで報酬の支払いを待ってくれるといった後払い制のサービスを実施してくれているといった弁護士事務所も少なからず実在しているため、費用に関する心配は然程する必要は無いと言えます。
個人再生には一定期間キャッシュカードやカードローンを利用するためのカードが作れなくなってしまうなどもデメリットもありますので、事前にデメリットについてもしっかり認識しておく必要があると言えます。どこの弁護士事務所であっても信用調査に引っかかってしまう期間が解除される時期がいつなのかといった説明が受けられるため、気になる点はどんな細かな点であっても質問するようにしてみてください。

 

個人再生は弁護士と虚力して行う債務整理のひとつであり、もともと個人再生を考えていたわけではなかったというような場合、弁護士から勧められるということもあります。
債務整理のなかでも最も有名な物となると「自己破産」であり、こうした個人再生などの手段は良く知らないという人が少なくないのですが、それでは弁護士からこの個人再生を債務整理の方法として提案された際に確認しておきたいデメリットとは何でしょうか。
まずデメリットとして特に重いものとなるのが「個人信用情報に記載される」ということです。
そもそも個人再生は裁判所が認めた上で債務を減額するものです。
ですが金融機関が取引を行うというような際に「契約を変更してくる恐れがある顧客」は非常に危険性が高い相手となりますから、全ての金融機関が共有する個人信用情報に記録が残されてしまうのです。
この記録は5~10年ほど残り続けますから、その期間は金融機関からの借入が一切できなくなってしまうと考えておくべきです。
また「返済を継続できる見込みがないと申し立てが認められることはない」ということも、この個人再生のデメリットです。
債務を帳消しにするのではなく、減額したうえで返済を続けていくわけですから「申し立てをした後で返済が遅れる」というようなことは認められません。
そのため個人再生の判断においてはこの収入が証明される必要があり、中には「返済できるだけの収入が確認できない」という理由で申し立てを棄却されてしまうというケースもあります。
弁護士に依頼する際にはこうしたデメリットをしっかりと把握しておきましょう。

メニュー

個人再生は弁護士と虚力して行う債務整理のひとつであり、もともと個人再生を考えていたわけではなかったというような場合、弁護士から勧められるということもあります。

 
サイト枠組みの作り方